汗の種類は2種類ある。

汗をかいたときに体臭が気になる人は多いのではないでしょうか。
でも、人によってはニオイが出ない人もいますよね。

実は汗には2種類のタイプがあり、ニオイの原因になるものとならないものがあります。
今回はこの2種類の汗のタイプについて紹介していきます。

エクリン汗腺
私たちが一般的に汗と呼んでいるものはエクリン汗腺から出ているもので、
色は透明なもの、99%が水分と言われており、無臭で無色なものです。

アポクリン腺
2種類目はアポクリン腺といわれており、この汗は粘り気のあるもので
色は乳白色(黄色)や赤みのあるもの、わきがの原因といわれており、
わきの下や耳の中にある毛穴に付着しているようです。
皮膚の常在菌はこのアポクリン腺から出てくる汗を分解し、ニオイを発生させます。

ニオイが気になっている方はアポクリン腺より出ている汗の量が多い方のようです。
体温調節や老廃物を排出する役割を持つ汗ですが、
体臭が出てきてしまうのも周りの人に迷惑になってしまうので、
こまめにタオルで拭くなどしてニオイケアしていきましょう!

制汗作用のあるデオドラント用品はコチラがオススメ!