ハムスターの赤ちゃんの成長。

ハムスターが産まれ、まだ500円玉くらいの子どもたち。

一昨日までは母ハムが、タオルにくるまっている子どもたちに餌を運び、子を運び…それから目があいたので、餌場水場を子どもに教え、並んでハムスターフードを食べに来られるようになりました。
目があいたせいか、子どもたちは場所とりや、退屈になるとちょっかいを出し会うようになり、ケンカをするようになりました。

昨日、デコポンをあげたら喜んで親子で背を丸め、かじっていたので、私たち親子もスーパーと八百屋にハムスターのため、果物に野菜を沢山買い込んで来ました。
パルシステムも利用していますが、食べ盛りの子どもの世話が、より増えてしまった感じがありますね。
人間の残りをお裾分けすれば良いので、そんなにハムスターの食費はかかりません。
ただ、一月したら一匹につき小屋を一つ用意しなくてはいけないので、トータルの維持費はかかりそうです。
つがいですら飼ったことがないので、小屋はAmazonでいくつか買うか、ヤフオクなどで安く譲ってくれる人を探すことにしました。