赤ちゃんに対するフッ素の効果とは!?

歯が生えてきていない赤ちゃんにはもちろん必要ないですが、生えてきて間もない歯に数か月ごとに
塗布することによって、歯の質が強くなり、虫歯の発生を抑える効果が期待できるのだといいます。

しかしながら、その効果は100%とは言い切れないので、家庭でのおやつの与え方や丁寧な歯磨きを
することが重要だということです。

小学校4年生までは大人が仕上げ磨きをしないといけないそうですよ。

自宅に小学生ぐらいのお子さんがいらっしゃるご家庭の方は、知っているかもしれませんが、
学校でも虫歯予防になる「フッ素」を実施しているところが多いですよね。

フッ素をやるには実費で200円ほどかかりますが、学校でフッ素をやってきてくれるので
本当に助かります。

かといって、フッ素をしているからといって虫歯がなくなるというわけではないですけどね。

虫歯になりにくくはなるといいますが、その前に歯磨きを怠っていたら虫歯になるのは当然です。

筆者のうちでも小学生の子供がいますが、歯磨きをしなさい!といちいち口に出して言わないと
歯磨きをなかなかしてくれません。

筆者も子供のころは、歯磨きが嫌いだった気もするのですが、大人になってからは
一食食べたら、すぐにでも磨かないと気持ちが悪くて仕方がないのです。

早くわが子も、そういった気持ちになるように成長してくれるといいのですが・・・。

さて、赤ちゃんに対するフッ素ですが、自治体によって異なりはしますが、半年ごとに
乾燥肌化粧品 人気の化粧品をお取り寄せ
フッ素を実施している自治体が多いかと思います。

歯が生えてきていない赤ちゃんにはもちろん必要ないですが、生えてきて間もない歯に数か月ごとに
塗布することによって、歯の質が強くなり、虫歯の発生を抑える効果が期待できるのだといいます。

しかしながら、その効果は100%とは言い切れないので、家庭でのおやつの与え方や丁寧な歯磨きを
することが重要だということです。

小学校4年生までは大人が仕上げ磨きをしないといけないそうですよ。