自転車専用レーンの導入は道幅に合わせて欲しい

自転車ブームという言葉が出るくらい自転車の数は増えていますが、そんな背景もあって自転車専用レーンの整備を進める地域も増えてきているようですね。
b.c.a.d

私の住んでいる地域でも専用レーンを導入、片側1車線の端が1メートルほど水色に塗られていました。


ちなみにこのレーンは「自転車専用通行帯」といい、車やバイクも走れない自転車のみ走行可能というものです。

実際に何度か走ってみましたが、既存道路に後付けするには少々無理がある感じがします。

特に道路幅が自動車でピッタリなのに自転車レーンで幅を削って狭くしてしまっているのはどうなんでしょう?
道路の幅からレーンの幅を除くと小型車以外はセンターラインをオーバーしてしまいます。

すると自動車はレーン内を走るしかなくなり、そして自転車はレーン内を走っているのに車が迫って進路を塞がれてしまうことに。

それでは専用レーンを作った意味が無くなり、逆に自動車・自転車ともに危険度が増すことに繋がると思うのですが…。

今後も全国規模で自転車専用レーンは増えていくことになると思いますが、安全を考えるのであれば道幅を考慮に入れて設置していただきたいですね。