若いころはギックリ腰を何回もやりました

庭で草むしりをしているときに、ちょっとひねったらギックリです。
後は歯磨きをしてときにギックリです。
若いころは3日も寝ていれば治りました。

最近は加齢による腰痛です。
接骨院に行ったときには、これは加齢によって、まわりの筋肉が固くなって出てくるのだと。
特に朝起きたときが痛みが走るのが多いのだと。
それは寝ているときに体の筋肉が固まってしまうのだと。
その鉄板のようになったのを無理に曲げるときしみが走って痛いのだと。

そこで腰の部分を温めて、その後に電気の通電と後は指圧のマッサージです。
終わった後は少しは楽になりますね。
先生は体が硬くなるとまた腰痛が出てくるので、なるべく体操をしなさいと。
そこで腰痛防止のための体操のコピーをくれました。
それを家でやりなさいと。
また歩くのがいいので、毎日少しでもいいので歩くようにと。
後は1週間に1回か10日に1回かは、ここに通ってくださいと。

しかし腰痛体操を毎日やるのは大変です。
痛くなくなると忘れてしまうのです。
それでまた腰痛併発です。
そのためまた接骨院通いです。

この間TVで腰痛の治し方をやっていました。
それによると、夜寝ているときに寝相がいい人は腰痛になりやすいのだと。
普通の人は1晩で24~25回くらい寝返りを打つのだと。
寝相のいい人は4~5回だと。
寝返りは全身運動なのだと。
寝返りを打つことによって、あっちこっちの筋肉に酸素を送るのです。
幼児とか子供は大抵寝相が悪いですね。

前に孫と寝たときに夜中に蹴っ飛ばされてしまいました。
1晩で体の向きを1周するのです。
これにはびっくりしました。
後はあまり柔らかい布団も駄目だと。
身体やおしりが沈んでしまい、寝返りが打てないのだと。

その後に体を柔らかくするストレッチのやり方をやっていました。
するとあっちこっちの筋肉が伸びて、体が柔らかくなるのだと。
すると夜に寝たときに寝返りがスムーズになるのだと。
これを1か月続ければ腰痛よさらばとなると。整体札幌

私もせいぜい見よう見まねでこのストレッチをやろうと思っています。