転職で面接を受ける際の動機の説明

多くの人が、転職を志す契機にするのは、人間関係がこじれたり、会社に居づらくなったりと、よくない理由ができたことが多と言われています。コミュニケーション面で問題があったり、仕事の中身に関するトラブルが起きたり、働き続けることがつらいと思うようになることは色々とあります。

とはいえ、今の仕事に特に不満はないけれど、ちょっとした弾みで魅力的な会社の存在知り、転職を希望するようになったという動機もあります。転職の動機には、今任されている仕事より、もっと大きなプロジェクトを手がけたくなったからだという人もいます。転職を考える理由は人によって違い、また、新たな会社で面接を受けようと思った動機も人それぞれ違います。会社の立場からすれば、人を採用したらずっと勤めていてほしいと思います。

人材不足では、会社の運営に差し障るためです。前の会社でトラブルを起こしたり、不条理な不満を溜めて辞めたという人は、次の採用が困難になります。転職活動として面接を受ける時には、以前の会社の悪口を言ったり、不合理さをあげつらったりする話し方は、しないほうがいいでしょう。

反対に、以前の会社ではこういうプラスの経験を積んできたという肯定的な話をするようにします。近年では、採用面接を突破するためのポイントをまとめた本も出版されていますが、そっくり引用すると逆効果です。マニュアルに沿ったものでは、意志も意欲も熱い思いも、面接の担当者には決して伝わりません。転職を志した動機は全て前向きな言葉におきかえて、これからやりたいことや、自分の能力でできることを、積極的に話すようにするといいでしょう。
バルクオム(BULK HOMME)【モテる男はスキンケアもしっかりと】