GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。

そんな訳で、auに連携したサービスが複数存在します。その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなのです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの料金が安くなるサービスです。WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚く事に、契約先により料金が異なります。例として、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は毎月の料金が割引きされます。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こう言った様に、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度として220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。更には、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますから、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵してませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。
So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つとして挙げられます。(Speed Wi-Fi NEXT WX01のクレードルセットの強みは?より)
なぜかと言うと、So-netが提供してるインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分で好評なのです。

 

付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことで、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用出来て、最大5台の機器に対してまでインストールする事が可能です。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトをインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクに対処する事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典と言えます。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXの契約を行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目が契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一つのキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントの方が貰える金額が若干多く、早い段階から貰えるのに合わせて、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックよりも少ないです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用可能ですし、SuicaポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。

 

WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。特に嬉しいのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
URoad-StickはUSBタイプの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち歩きが楽で利便性が高いです。
URoad-StickをUSBポートに接続することで、電気をまかないながら使用する事が出来ます。
ややこしい設定も不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。
使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が可能です。

Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが特徴的だったりします。
月額最安プランと言った料金プランの特徴としては、月額料金が安い分初期費用が必要となる部分が挙げられます。
けれども、一定条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結果的に初期費用は支払う必要が無くなります。
他にも、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、通信のし過ぎには注意しましょう。他のモバイルサービスと比べると、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。

とは言っても、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、その点には注意しましょう。
でも、仮に速度制限になってしまったとしても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。

ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。
最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率が99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。

今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。
WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、複数存在します。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、そう言った点で、注意が必要となります。

具体例を出すと、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。
ですから、各キャンペーンでお得感は違いますので、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。
WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。
プロバイダ毎に少し異なるものの、大まかには2種類の料金プランがあります。

 

それは一体何かと言うと、通常プランとギガ放題プランと言う2種類のプランがあります。ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。

その点、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。
1ヵ月間の通信量が7GBを超えるかどうかを目安にしながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。

WiMAXサービスを導入した事で、私のライフスタイルは一変しました。一番変化が大きかったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。そして、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。
WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますので、しっかりとしたとこと契約をしたい所です。
意外と見落とされがちな部分が、各契約先のカスタマーサービスの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。
WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。
具体例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

 

DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、それに加え、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

映画やミュージカル、美術館や展覧会など、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方に価値を感じて貰う事が出来ます。
UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。

これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。
だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがあるので、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対象となるWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いので、凄く人気の良いサービスとなっています。

 

UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか使わないので、部屋がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の料金に上乗せされます。
手段としては、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。
各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られてて、値段としては大体3000円ほどします。
このクレードルの必要性が気になる人もいるかと思われますが、実際なくてもWiMAXを使用する事が出来ます。

 

かと言って、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が出来ますから、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードを使用する事が出来るようになります。

また、いつもWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますので、いつでも外に持ち出す事が出来るようになります。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。その技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、二倍の220Mbpsとなるのです。加えて、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のサービスもあります。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは一体何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が出来ます。
Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントで還元して貰えます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広範囲での通信に対応しています。
他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していないので、利用用途は室内利用だけに限られています。
そんな部分はありますけど、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられていて、受信精度の高さが特徴の一つとなっています。
なおかつ、同時に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線接続する事が出来ます。更には、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。
WiMAXを利用する時には、注意する速度制限は二つあります。
ひとつ目が、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限と言われているものが存在します。次いで、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。しかしながら、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXがございます。びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。だけど、auスマートバリューmineに非対応ですから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダだと言っても過言ではないでしょう。

はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間の契約プランが一般的です。

その理由は、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
それに、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、結果的には、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんが、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。

WiMAX通信に対応したデータ端末は、年々新しいものが発売されています。

それぞれによって性能が違い、便利さも違います。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。
このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。
ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。

 

モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。
一例を挙げるとすれば、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。
ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。
ぷららモバイルLTEの通信速度って、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。

そう言う理由から、速度制限は無いものの、WiMAXと比較すれば、常に速度制限状態だと言えます。