auと連携したサービスが複数存在します

WiMAXを使用する際、注意すべき速度制限が二つあります。

ひとつ目が、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って呼ばれているものです。ふたつめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。
ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
ただ、混雑回避の為の速度制限に関しては適用になります。
WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズです。


従って、auと連携したサービスが複数存在します。その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言えます。
WiMAXの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auの料金が割引きされるサービスです。

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。

 

例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、更には、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。(UQ WiMAXのキャッシュバックと、その他プロバイダーとの比較から)

 

映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。合わせて、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらの通信も可能です。人気のインターネットサービスについてですが、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、利便性が大幅に上がっています。
ただ、モバイルですから、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?けれども、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。
ですので、そんなモバイルに対して、バカには出来ません。WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。

 

結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担になってしまいます。
ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。

 

ラインナップされる新製品は次々と登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。一例を挙げると、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線にも対応するようになりました。しかも、通信速度が年々速まっています。

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。

 

中でもお勧めなのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。
UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。
WiMAXサービスを導入した事により、私のライフスタイルは変わりました。

 

一番大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。

 

そう言う事から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせずPCのように観れるようになりました。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX機器です。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。
その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。

WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで繋がります。

そればかりか、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、隅々にまで電波が届きます。一方で、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。
UQ WiMAXのサービスの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社モバイルインターネットサービスだと、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?一方、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、この通信サービスは、帯域制限が厳しくないところが人気の秘密です。

ですので、たっぷりとネット通信を行なう方の場合、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、一度考えてみてはどうでしょう?月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXが挙げられます。圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。でも、auスマートバリューmineには対応していないですから、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

 

また、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが基本です。なぜならば、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
合わせて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、最後には、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。

 

WiMAXサービスを運用するプロバイダなんですけど、いくつか存在します。それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、その部分では、注意が必要となります。具体例を言うと、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。
つまり、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
具体例を出すと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。

ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。

この通信速度は、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅くなります。そんな理由で、速度制限が無いとは言えども、WiMAXと比べるならば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。

そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。

他には、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。WiMAXサービスを利用していて思う利点は、いくつかある様に感じます。まず、モバイル通信と言う事で、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。続いて思い付くのが、モバイル通信と言う事で、ネット開通工事は行なう必要ありません。

更に、インターネット開通工事が不必要と言う事で、月額料金が安くなると言うメリットもあります。

 

更には、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。

 

nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対応するWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が可能になります。
WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスとなっています。

WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。プロバイダで違いがあって、大きく分けると2種類料金プランが存在します。
2種類の料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランの2種類です。
ギガ放題プランは月額料金が高額な料金プランですが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。その一方、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。
月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判な理由です。ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。更には、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。WiMAX通信専用の端末は、年々新しいものが発売されます。
それぞれにより性能が違い、スペックも異なります。その中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間でも、少し変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う事から、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全く異なります。例えば、3波のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX本体しか必要ないから、家の中がすっきりします。
光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に追加課金されます。
手段としては、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を請求されてしまいます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。この技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsとなるのです。

その他にも、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。
それだけ長期契約期間になっていますから、しっかりとしたところと契約をしたい所です。うっかり見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。
カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。

WiMAXの利点としては、無線通信を使ったインターネットを利用する事が出来ると言う部分にあるでしょう。

 

無線を使いますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。更には、WiMAX端末は小型ですので、持ち運び性が高いです。そんな点を考慮すると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。

 

そう言う部分から、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。
確かにWiMAXには速度制限がありますけど、それほどハードなものではありません。

ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。
通信制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。
UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。

 

これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。
この3種類の電波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ていると言うわけなのです。ただ、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。