当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を

WiMAX端末は、次々と新しいものが発売されます。
個々によって性能が異なり、快適さも異なります。

その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。

WiMAXの端末は、徐々に性能が上がって来ています。
何よりも、通信速度が速くなり、今は、220Mbpsもの通信速度が最大で出せます。しかしながら、最近は通信の速さより、通信を行った量の方に注目が集まる傾向が見て取れます。最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。なぜかと言えば、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。(最安のWiMAXプロバイダーって、結局はどこ?を参照に)
ですから、メーカーやユーザー的には、ここを意識しているのです。
WiMAXのサービスに申し込んだ事により、私の日常は大きく一変しました。最も変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。

ですので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせず普通に観れる状態になりました。

WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、幾つかあります。
契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、そう言った点で、気を付ける必要があります。

例として、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。こう言った風に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、間違いの無いプロバイダと契約を行いたいものです。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを用意しており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。
だけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。しかも、保証内容もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。そして、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。
その代わりに、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に適用されます。

 

WiMAXの提供元となるのは、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。

なので、auに連携したサービスがいくつかあります。

その中で代表的なものが、auスマートバリューmineなんです。

WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
その技術により、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。加えて、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。
WiMAXを契約すれば、この利便性の高さに驚かされます。

私が思ったのが、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。
月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。ですが、auスマートバリューmineに非対応ですから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。合わせて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率が99%を超えている、とても繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。

 

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。
WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。

 

プロバイダにより少し違いはあるのですが、大まかには2種類の料金プランがあります。
それは一体何かと言うと、通常プランとギガ放題プランと言う料金プランです。

 

ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、7G制限の無いお得な料金プランです。

 

逆に、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。

 

毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、どちらの料金プランにするかを考えましょう。

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が基本です。
その理由は、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
そして、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、おのずと、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは毎月の事ですので、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。

 

モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。
具体例を出すと、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。速度制限が無いサービスではありますけれども、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。
ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。そう考えると、速度制限無しと言っても、WiMAXと比較すれば、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。
WiMAXサービスと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いています。
中でもお勧めなのが、公衆無線LANのサービスでしょう。

UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。

本来は月々500円掛かる有料サービスなので、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。
昨今、WiMAXサービスの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例として挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。
並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。どこの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常は3種類の料金プランがあります。28000円の高額な現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。そして、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

たまに、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
nifty WiMAXでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が出来るようになります。

 

WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるサービスになってます。WiMAX端末のサイズは、ポケットサイズです。と言う事で、お荷物になりません。ポケットサイズですし、重さも厚みも大した事無く、ポケットが膨らむような事も無いです。

ワイマックス機器は、スマホアプリで操作可能です。
そう言う事で、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。
WiMAX機器は通常の値段が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。かなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の負担になってしまいます。
そこで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。
UQ WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか使わないので、部屋の中がさっぱりします。

光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に追加課金されます。方法としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXの中において、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も一番長いです。

ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。
代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新しい製品が次々発売され、WiMAX端末の機能は年々強化されています。
例えば、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。
他には、年々向上している通信速度もその一つでしょう。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特徴としては、月額料金が安い点が挙げられます。

 

その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。

 

契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、様々な事が言われています。どういうものがあるのかと言うと、電波が全然拾えないだとか、そんな悪い意見もあります。

ただし、WiMAXの端末の性能は毎年上がって来ています。ですから、現状と口コミの内容が食い違うと言う事もしばしば起こり得ます。WiMAXに関する口コミを読む際は、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応して、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。近年普及率の高まるWiMAXではありますが、通信量に注意を払いながら使用するのが肝心です。
他のモバイルサービスと比べ、WiMAXの速度制限は厳しくありません。

そうは言っても、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、その点には注意しましょう。しかしながら、速度制限がかかった場合においても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。
WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚いた事に、契約先で料金が異なります。例えば、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高額になります。この様に、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。先ずは、月間データ量による速度制限って言う、7G制限って言われているものがあります。
ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。
ギガ放題プランへ申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。しかし、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。