ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ

WiMAXに申し込むと、その機能性の高さにビックリさせられます。
私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。

UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。
結構な値段となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選べば良いです。

WiMAXを利用する時には、注意する速度制限が二種類あります。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、WiMAX端末の選び方は?から)

一つめは、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限と言われているものです。
続いて、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。ですが、混雑回避の為の速度制限は適用となります。
WiMAXの良い所は、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。無線を介しますから、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。

それに合わせて、WiMAX端末は小型ですから、持ち運び性が高いです。そう言う点を考えると、タブレットとの相性が良いです。そんな所から、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。
モバイルインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが多々あります。
例えばですが、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。
この通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。
そう言う理由から、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べれば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。

そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。
それに合わせて、保証体制もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。WiMAXの月々の料金ですが、実は、契約先によって金額が違います。

具体例を出すと、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。

 

更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。

この様に、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が著しかったからです。

それで、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。その上、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。

この頃、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例として挙げると、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を導入しています。

 

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。

いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。

それに、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。

毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。

二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

ただし、auスマートバリューmineには対応していないですから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。他社のモバイルインターネットと比較すると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。
とは言えども、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。

しかしながら、仮に速度制限になってしまったとしても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。

WiMAX通信に対応した機器のサイズは、スマホよりも小型です。
その為、お荷物になりません。ポケットに収まる大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。
ワイマックス端末は、スマホアプリを使って操作可能です。従って、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。WiMAXと言うインターネットサービスがありますが、このサービス、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。

なので、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。

 

速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、検討してみるのも良いでしょう。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズです。

 

だから、auと連携したサービスが複数存在します。そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineです。
WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが基本です。その理由は、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、最終的に、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。

他にも、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しながらのインターネットにも対応しています。
WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新しいものが発売されます。それぞれにより性能が違い、利便性も違います。その中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。
WiMAXと契約を申し込む折、色々なキャンペーンサービスが付いています。特に便利なのが、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。WiMAXサービスを展開するプロバイダは、幾つかあります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、その部分は、要注意です。

例えば、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。
こんな感じなので、各キャンペーンでお得感は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。

 

プロバイダにより少し違いはあるのですが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。

 

それは何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。

ギガ放題プランは高額な月額料金になりますが、余裕を持ってインターネットを行なう事が出来る料金プランです。
一方、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。どれだけ通信を行なうか自分の環境を検討しつつ、どちらの料金プランを選択するかを決めましょう。nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対応するWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いですから、凄く人気のあるサービスとなっています。WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか必要ないから、家の中がさっぱりします。

光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。モデムは月々レンタル料が必要で、毎月の料金に上乗せされます。
他には、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する際はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。
それだけ長い契約期間になっていますので、しっかりとしたとこと契約をしたい所です。

結構見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。

電話対応が休日は非対応だったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。前々から気になっていたWiMAXサービスですが、様々な意見が存在します。例えば、電波が全然拾えないだとか、そんな感じの悪い評判もあります。

 

ただし、WiMAXの通信環境は日々改善されています。従って、口コミの状態が今も続いているとは言い難い状況にあります。口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダがあります。Broad WiMAXの特性には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。
それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。

契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。
WiMAXサービスを利用していて思う利点は、いくつか存在します。
一つ目が、無線を使ったサービスなので、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。次に思い浮かぶのが、無線のインターネット回線ですから、インターネットの回線工事は不必要です。
更には、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、低負担のインターネットサービスと言えます。そして、帯域制限の規制が緩いと言う点も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。UQ WiMAXサービスの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他社モバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など視聴出来ません。

出来る事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。ですが、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は変わりました。

 

最も変化が大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。ですので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。電気屋で、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。既にWiMAXを使っている私ですし、ご想像の通り、光回線を検討する事はありません。

販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想像してなかった返事が返って来ました。
WiMAXって言うと、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?ですけれども、ずっとWiMAXを使用して来た経験から言うと、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。台風直撃の最中であっても、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。