カッコイイ服を着たいのに体脂肪が邪魔をする…

そうだった、前も同じことで反省したのだが、のど元過ぎればなんとやら。はるか4年前の体重と、今の体重とでは明らかに今の方が減っているのだ。それはそれで、たいへん喜ばしいことなのだが、この年齢ミドルか?シニアか?に突入するといわゆる体脂肪が、体重を打ち負かす。そうなのだ、体重が減っていても体脂肪がプラスされるなんて。これだとBITTER通販で買った服もカッコよく着こなせなくて困る…。

体重と体脂肪は、相関関係にあるんじゃあないのか?健康診断書を見比べると一目瞭然、体脂肪、コレステロールの項目に、赤線がくっきり書かれている。しかも最近は、保健センターからご親切にお電話相談までしてださる。体重が減って、体脂肪も減る。ああ、これが理想の結果なのに。人生うまくいかないものだ。いや、人生のせいにしてはいけない。蒔いたものは刈り取る原則に体が従ったまでなのである。

しかし、そうなると体重が減ってからと言って、小躍りしてもいられない。娘が食べると思って買っておいたスイーツが、いつの間にか、自分の腹の中。これじゃあ、体脂肪なんとやらが私の体の大部分を支配しても、おかしくない。体重、体脂肪、コレステロール、これらが仲良く下降してくれる方法はないものか?いや、体重はキープして、脂肪を取りのぞく、難しいが雑誌BITTER通販に載っているカッコイイ服を着続けたいから頑張らねば。相関関係に逆らって、体脂肪が減ったらご褒美にスイーツ食べよう。ああ、また喉元が過ぎ去ってゆきそう…。