脂肪を分解する注射のメリットとデメリット

脂肪を分解する効果のある注射はその名前の通り、脂肪の層に、脂肪を溶かして燃やす成分の入った薬剤を注射で挿入することです。脂肪分解施術のメリットは、注射を用いて行うために、皮膚を切ることで体に負荷を小さくしておくことができます。薬液を注射するだけで脂肪を分解することができるので、施術に要する時間が10分程度ということも人気の理由です。注射をするだけの脂肪分解手術では、皮膚を切開した時のように、皮膚の腫れや痛みが長引くということもありません。脂肪を取り除くために皮膚にメスを入れるのは怖いと感じる人もいますし、手術痕が残ることを嫌がる人もいます。施術後すぐに普段通りの生活を送ることができるので、忙しくてあまり時間が確保できない人でも施術を受けられます。頑固な脂肪を分解する作用があるため、どんなダイエットを行っても全くサイズダウンしない部分がある人でも、効果が期待できます。美容施術で脂肪を取り除きたいけれど、長時間家をあけられなかったり、仕事が大変だという人でも、短時間の施術が可能です。脂肪分解施術の欠点は、脂肪がついている範囲が狭い時には、効果を充分に引き出すことができないため、使えないということにあります。あざやはれが、施術をした範囲にできることがありますので、露出するお肌に対してはやりにくいでしょう。下地クリームやファンデーションで覆い隠すことができれば問題ないのですが、場所や肌質によっては隠し立てが困難なこともあります。万が一のことを考えて外出する機会が少ないタイミングで、脂肪分解の施術を受けるようにすると安心です。

 

優光泉 口コミ