料理器具も使い方次第で脂肪カットで生活習慣病予防

フードプロセッサーもあると便利です。
我が家ではハンバーグなどは欠かせない器具となっています。

カルシウムや繊維の多い食材は、健康にいいと言いますが、食感が悪いものも多いですよね。

アジ、イワシなどはミンチにしてつみれなどにすると、小骨まで食べることができ、カルシウムがばっちり取れます。 生活習慣病にももってこいの調理法です。

また煮物にすると、出汁がでて、調味料も少なくてすみます。

れんこんなど、すりおろしなど大変なものフードプロセッサーで簡単にすりおろし完了。
その中に肉、卵、調味料などを加えてスイッチオン。

ヘルシーハンバーグが出来ます。

あると便利な器具を上手に使うことによってヘルシーメニューを作ることができます。
油を控え、繊維質を多く含む素材を使う料理を工夫してみてはいかがですか?

ちょっと前にブームになっているスチームケース。

実は私も使っています。
このスチームケースはスペインが発症の地です。

軽くてやわらかいシリコンで出来ているので、取扱いがとっても簡単です。

むらなく熱が通る上に余分な上記を逃さないので、素材の美味しさを引き出してくれます。

色々な便利な道具が出回っています。
上手に使うことによってエネルギーカットの料理も楽しく作り、生活習慣病の予防・改善にもってこいです。

 

酵素ドリンク 優光泉 口コミ