ストレッチで効果的にダイエットする方法

どのようなストレッチをすると、ダイエット効果を得ることができるでしょう。

効果的なダイエットストレッチをしたいならば、どんな時間にストレッチを行うかに注意をするといいと言われています。

ダイエットにいいのは、風呂上がりのストレッチ運動です。お風呂から上がった後は、体が温まっていて、筋肉のこわばりもほどけています。

そのため、ストレッチによる筋肉の伸縮運動がやりやすくなっています。緊張から解き放たれて、一息ついている時であることも、ストレッチに適している要因の一つです。

逆にいうと、起床直後などの体が硬くなっている場合は、効果が半減するので、ストレッチに向いていない時間帯なのです。

それだけでなく、起き抜けの体が機能していない時にストレッチを無理に行うと、強ばっていた筋肉を無理に動かすことになり、体によくないことがあります。

それ以外には、ストレッチは食事後30分以上が経過してから行うようにしていきましょう。

運動や風呂と同様、ストレッチも、食後30分以内にしないほうが体のためになります。

物を食べてすぐにストレッチをすると、消化に回すべき血液が体のあちこちに散ってしまいますので、消化不良の原因になります。

泳いだり、走ったりといった運動と違って、ストレッチは体全体を一気に使う運動にはなりません。

体の中でこの部分を使いたいという場所の筋肉を使う運動です。

足、腕、ウエスト、お尻など、自分がダイエットしたい部分に適したストレッチ方法を見つけることも、ストレッチによるダイエットにおいては大切です。
置き換えダイエット グリーンスムージー